×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

て ん こ く

てんこくを習ったのはもう随分まえになります。こんな事をするのが大好きなので、いくつも作りました。
:何でもちょっとだけしかできないけど・・・今でも頼まれれば、ついつい徹夜しちゃいます。

なぜか中国に縁があるのです。中国の旅はてんこくとは関係なく進行していました。でも街を歩けば「書」に触れることばかり・・・。いづれ中国旅行記も書きたいと思いますがなにしろ10年前になりますので、写真の整理もたいへんです。

↑は杭州の街だったと思いますが、子供に頼まれた本(マンガ)がないかなと本屋さんに入った時に見つけた「甲金篆隷大事典」です。中国人の友人と一緒でしたので(地元?の値段と思う)45元(当時のレートは×12=なんと540円)B5版(ハガキ2枚分)で厚さは6cmはある。日本で手に入れようとすれば○万円くらいかな?  ・・・よかったよかった。

石碑や塔に書かれていた物の写し
1個の字で何パターンもある。
かわいい字を探すのが一番楽しい。

こんなの使って彫ります。 鏡は何に使うのかな???

万力

すずり

朱泥

彫刻刀

創作手順
私の子供達

けしごむでも出来ますが、そんなに難しくないので
挑戦してみたい方は下のボタンを押してください